家庭教師の仕事内容って何?

どんな仕事か



家庭教師の仕事は生徒の学力を向上させるために勉強を教えること。そして、大学や高校などの受験対策に控えて対策をとることです。主に教える科目は「国語」や「数学」、「英語」などといった5教科が一般的となりますが、生徒によってどの授業を重点的に行うのかは異なる場合があります。そのため、科目において家庭教師は幅広い知識を持っている必要があると言えるでしょう。

さらに、家庭教師には宿題の解説や模試の採点、指導などの仕事内容も付け加えられます。そのため、実際に生徒に指導をする時間以外にも準備をする時間を取られるということを頭に入れておく必要があるでしょう。このような準備の時間に手間取ってしまうと実質的な賃金が下がってしまう傾向にあるため、指導内容に合わせて徹底的な効率化を図るということが稼ぐためのコツになっていきます。

また、塾講師との違いとして大きく取り上げられるのは、マンツーマン指導であることが多いということです。多数の生徒を受け持つことは稀なので、その生徒に合った指導方法を見つける必要があります。そのため、自分の考えた指導方法で生徒の成績が上がったときには大きな達成感と充実感を味わえるという魅力もあるのです。自身の受験の体験も仕事に生かせるため、大学生に人気が高い仕事でもあります。